子育てママが語る! 地域の魅力と未来に望む暮らし

いろむすびcafe

この度、「リノア北赤羽」の運営パートナーとして、「いろむすびcafe」を運営するNPO法人彩結びが就任! オープン時(2020年春予定)より、カフェスペースや多目的ルーム、ダンス・音楽ルーム、屋上デッキなど「シェアスペースの運営企画・管理」を手がけることとなりました。そこで彩結びでは、「リノア北赤羽」の近くにお住まいの地域の方々や、実際にシェアスペースで活動する皆さんの生の声をお聞きするべく、インタビューを企画。第1回目は、子育て真っ盛りの5人のママたちにご登場いただき、この地域の魅力とそれぞれの夢や想いについて語っていただきました。ぜひご覧ください!

<浮間キャラバン第1回メンバー>
★浮間キャラバンとは……
「リノア北赤羽」が立地している、「浮間エリア」をともに盛り上げていく仲間のことです

かなさん:
5歳と3歳の2児のママ。目下、自分のやりたいことを探し中

まいさん:
11歳と7歳と3歳の3児のママ。手話に挑戦したい

むつみさん:
10歳と7歳と5歳の3児のママ。ハンドメイドはプロ級

ともさん:
11歳の1児のママ。フラワーアレンジメントの先生として活躍

りえさん:
12歳と10歳と7歳と3歳の4児のママ。生まれも育ちも浮間

※本文は敬称略

地域の大人で子どもを育む。あたたかい雰囲気が好き

皆さん、北赤羽&浮間エリアにお住まいということで、ぜひこの地域の魅力について教えてください!

主人の職場に近いことから北赤羽に住み始めたんですが、駅前にスーパーやコンビニ、100円ショップ、ドラッグストアが充実していて、徒歩圏内で何でも揃うのが魅力ですね。うちは5歳と3歳の子どもがいるんですけど、周りに同世代の子たちが多いのも、子どもにとってすごくいい環境だなって。最初は2年ほど賃貸で住んでいたんですが、すっかり気に入ってしまって、ついに分譲マンションを買っちゃいました。

うちも最初は賃貸で住んでたんですけど、ここで長く暮らしたいなぁと思って分譲に住み替えた派です。都心に近いのにどことなくローカルな雰囲気もあって、気取ってないというか。落ち着くんですよね。

それ、わかるかも。荒川の土手や河川敷があったり、浮間公園っていう大きな公園があったり、自然が豊かで、のどかですもんね。

私は生まれも育ちも浮間なんですけど、川べりを歩くのが子どもの頃から大好きだったんです。高校の時も友達と土手に座って語ったり、青春してましたよ(笑)。ジョギングしている人も多いし、地域の人たちが思い思いに過ごしていて、皆のお気に入りスポットかもですね。この周辺はお祭りも多いし、楽しくて飽きないです。

地域のつながりが強いですよね。各小学校の保護者で結成された「おやじの会」と、地域の児童館が一緒になってイベントを企画したり、子どもたちが楽しめる催しがたくさんあります。地域の皆で子どもたちを大切に見守ろうという雰囲気があって、あたたかさを感じます。

大人の目がたくさんあるというのは、子どもにとっても親御さんにとっても安心ですよね。

子育てしやすい環境だからなのか、3人、4人とお子さんがいらっしゃるご家庭が多いですよね。

そうそう! 少子化ってどこのことを言ってるんだろうと思うぐらい、子どもが多い(笑)。うちも子どもは2人でいいかなと思っていたんですけど、周りのママさんを見ていて3人産めるんじゃないかという気がしてきて。「子育てがんばれるかも!」と、自然と思える空気感があります。

子どもが多いと街が豊かな感じがしますね。もしもの時の病院などの施設はいかがですか?

「東京北医療センター」という、24時間救急対応してくれる大きな病院があって、そちらを利用している人が多いんじゃないかと。

うちの子、元旦の日に頭を怪我しちゃって大変だったことがあるんですけど、急いで北医療の救急外来に行ったらその場で処置してくれてホント安心しました。風邪やちょっとした怪我などもすぐ診てくれるので、子どもも高齢者の方もすごく助けられていると思います。

子連れでゆったりできるカフェがもっと欲しい!

では逆に、「もっとこういうものがあったらいいなぁ」とか、地域に望むものはありますか?

ゆっくりできるカフェが少ないのが……。ファミレスはあっても大手のコーヒーチェーンがないので、ちょっと一息つきたい時に寄れるところがないのがちょっぴり残念です。

確かに。最近、北赤羽駅の駅前に「にじいろのひつじ」というおしゃれなカフェができたんですけど、人気だし、店内も小さいのでいつも満席で入れないんです(苦笑)。しかも、そのカフェではハーバリウムの講座などイベントも開催していて、楽しそうなんですよ。

イベントがあると行ってみたくなりますよね。やっぱり子連れで気軽に行けるカフェがほとんどないので、行き場に困っちゃうというのはあります。

お子さん連れでふらっとお茶を飲みに行きたい時は、皆さんどうされているんですか?

友達のおうちに行くとかですかね。北医療センターの中にテラスのある綺麗なカフェができたので、そこに行くことも多いです。朝はあまり人がいないので、早めの時間からママ友5、6人で集まってお茶することもあります。

あとはココスとかファミレスに行きます。ただ、この周辺はファミレスも絞られてるから、行くと必ず知り合いに会っちゃう(笑)。

なるほど~。子どもを連れていくとしたら、どんなカフェが理想ですか?

テーブルと椅子だけじゃなくて、座卓のスペースがあるとゆったりできていいですね。小さい子が一緒にいるとどうしても動き回るので、床にそのまま座れるとありがたいです。

座卓スペースは絶対欲しい! あと子連れで飲みに行けるお店がないので、そういう場所があったら最高です。子どもを遊ばせながら、ママやパパ同士でごはんを食べたり、飲んだりできるスペースがあったらすごくうれしいですね。

皆さんのお話を聞いていると、まさにその願いは「リノア北赤羽」で叶えられるなって。実は2020年春にオープン予定の「リノア北赤羽」の1階に、座卓のスペースを広く使ったカフェスペースができるんです。そこでは利用者の方がごはんを食べたり、飲んだりできるほかに、たとえばカフェオーナーやバーのマスターをやってみたい人、お菓子づくりに挑戦したい人などが利用できる「シェアキッチン」も用意しています。ほかにも個人の方が自由にお仕事できる「コワーキングスペース」などもあって、皆さんの“チャレンジしたい想い”を応援できるような場を作りたいと思っているんです。

え~! それは早く作ってほしい!

北赤羽の駅のホームから見える、工事中のマンションですよね? いつも「あそこに何ができるんだろう」って気になってたんですけど、そういうスペースができるんですね。楽しみです!

1階の広いカフェスペースのほかに個室や仲間との趣味の活動に使える部室、ダンス・音楽ルーム、屋上もあるので、いろんなイベントや講座も開催していきたいなと。入居者の方だけではなく、地域の皆さんもレンタルできるようになっているので、ぜひ活用していただきたいです。リノアでは、お互いに持っているスキルや知識を分かち合う、「Give & Share(ギブ・アンド・シェア)」がコンセプトなので、自分の得意なことや好きなことを教え合えたらいいなと思っていまして。皆さんは、これから何かやってみたいことはありますか?

それぞれの人の望みを叶えられる素敵な場をつくりたい

自分が何かを教えるというより、学んでみたいなと思うことがありまして。今までなかなか一歩踏み出せなかったんですけど、手話を勉強したいなと思っています。もし手話を教えていらっしゃる先生がいたら、子連れで参加できる講座を開いてもらえたらうれしいですね。

私はフラダンスを習っているので、ダンスルームを借りて発表会の前に仲間で集まって練習できたらいいなと。あと、以前フラの先生に聞いたんですが、レッスンをするのに公共の施設を借りようとすると抽選になってしまって、固定の曜日を押さえることは相当難しいらしいんです。ぜひ先生にも、リノアのダンス・音楽ルームを紹介してあげたいです!
※使用時間や使用方法については規定があります。

むつみさんも、ハンドメイドの講座をやったらいいじゃないですか~! むつみさん、バッグもアクセサリーも全部手作りなんですよ。この前、私も見よう見まねでバッグを作ってみたんですけど、持ち手の部分の縫い方が分からなくてむつみさんにお聞きしたら、動画で作り方を送ってくれました。

すご~い! ぜひハンドメイド講座を開催していただきたいです。動画講座もできそうじゃないですか? そうそう、ともよさんもフラワーアレンジの先生をされていたとお聞きしましたが。

子どもが生まれる前にフラワーアレンジの教室を開いていたんです。北赤羽の公共施設を借りていたんですけど、他の団体の方といつもバッティングしてしまって。なんとなく予約が取りづらくなったので自宅で開催していたんですが、出産してからはお休みしています。子育てが落ち着いたら、ちょっとずつ再開したいなと思っています。

素敵じゃないですか! 季節ごとの開催だったら負担も少ないでしょうし。クリスマスの時期は、リース作りとか教えてほしいです。

そう言ってもらえるとなんだかやる気が湧いてきますね。実は以前教室を開いていた時、生徒さんの集客に苦労していたんです。新聞にチラシを入れたり、一軒一軒家を周って自分でポスティングしたりして。何かもっといい方法があったら……。

リノアで講座を開催する際には、彩結びで集客のお手伝いもさせてもらえたらと思っています。たとえばWebサイトやSNS等で講座の案内をしたり、シェアスペース内でチラシを掲載したり。先生自身が個人で発信するだけじゃなく、皆で協力し合って集客しながら一緒に育てて行けたらいいですよね。

私は皆さんみたいに「これがやりたい!」というものはないので、これから見つけていけたらなぁと。以前、いろむすびcafeで「いろどりカルテ(*)」を受けたのですが、「自分の興味のある分野」が明確になったり、「3年後、5年後、10年後の未来」について考えたりと、自分と向き合ういい機会になりました。実を言うと、普段子育てしかしていなくて、これといった特技もない自分と向き合うのはちょっと嫌だな……と、避けたい気持ちもありましたが、実際に受けてみて、モヤモヤがスッキリできてよかったです。これから自分がやりたいことを見つけて10年後にはその道のプロになる夢も見つけました。
(*)「いろどりカルテ」とは、自分の人生の価値観、強み、課題を8つの色(分野)に分けて見つめ直す診断ツール

そう言ってもらえてうれしいですね。「いろどりカルテ」を使ったワークもリノアで開催する予定なので、ぜひ皆さんにも受けていただけたら。自分の得意なこと、苦手なことを知って、より自分のことを受け容れられるようになったことで講師として一歩踏み出した人もいます。リノアでは講師デビューや好きなことで独立する道も応援していきたいと思いますが、必ずしも独立起業することだけがいいわけじゃなくて、それぞれの人の“価値観”を大事にしたいと思っているんです。もちろんごはんを食べに来るだけでもいいし、「シェアキッチン」で腕を振るってみるのもいい。スペースを使って自分でイベントや講座を開催してみるのもいい。それぞれの人が望むことを叶えられる“素敵な場”にできたらいいなと思っています。今日は皆さんの貴重な意見や想いを聞かせていただき、ありがとうございました!

<記事を書いた人>

伯耆原 良子(ほうきばら・りょうこ)

ライター歴19年。NPO法人彩結びのイベント企画担当。「リノア北赤羽」でライティング講座を思案中!

<写真を撮影した人>

橘 佳代(たちばな・かよ)

英会話教材の販売会社で働く傍ら、副業でセミナーやプロフィール撮影などを手がける。「リノア北赤羽」のコンセプトに共感!